歩行ができなくなる変形性膝関節症~どんな症状なのか把握する~

変形性膝関節症になりやすい人はこんな人~特徴を知れば予防できる~
変形性膝関節症の治療法は手術と保存治療の2つ!
自分の足はO脚!?セルフチェックで確認しO脚が原因の症状を知る

最悪の場合自足歩行が困難になる恐ろしい変形性膝関節症とは?

人間が健康的な生活を送るためには、自分の足で歩けることが重要です。歩行ができなくなると、老化するスピードも早くなってしまうでしょう。ここでは、変形性膝関節症について紹介します。この病気は自足歩行が困難になることもある恐ろしい病気です。

変形性膝関節症とは

診察

変形性膝関節症とは、50代以上の中高年に多い病気の1つです。年齢とともにすり減っていく膝の軟骨や、日頃の運動不足により足の筋力が低下することで発症します。軟骨は関節のクッションの役割をしていますので、減っていくことで炎症が起きたり、膝が変形したりして痛みがでます。病院で適切な治療をすることで進行を遅らせることができますが、年齢のせいだと思いこんで病院にいかない人がほとんどです。日常生活がまともに送れなくなるケースもあるので、膝に違和感がある場合は、変形性膝関節症を疑い、病院で診察を受けましょう。

段階によって異なる症状を知る

初期症状
変形性膝関節症は、「膝の違和感」が初期症状です。朝起きて、布団から起き上がり歩き始めると、膝の関節に痛みを感じます。しかし、踏み込んだ時に起こる膝関節の痛みは長時間続くものではなく、しばらくするとなくなってしまいますので、気にしない人もいます。また、変形性膝関節症の症状は人によって異なりますし、進行のスピードも違います。膝に違和感を感じても、発症しない人もいますが、初期症状を放置していると悪化してしまいます。
中期症状
膝の違和感を放置していると、徐々に症状は悪化していくでしょう。膝の違和感から、明確な痛みへと変わり、階段の上り下りがつらく感じます。そして、膝関節をまっすぐに伸ばしたり、曲げて正座することが困難になります。膝関節の軟骨の減少がはじまり、膝の周辺は炎症を起こして、赤く腫れ上がった状態になります。中期症状の特徴として、膝の変形が進行することが挙げられます。変形に伴う軋轢音を歩くたびに自覚できるようになるでしょう。
末期症状
膝を伸ばして立つことも、曲げて座ることも苦痛になりますので、日常生活に支障が出るほど痛みになるでしょう。ショッピングに行くことも、外食することも億劫になり、自宅から出ない生活になる人が多くなります。自動車の運転すらも困難になるので、活動範囲は極端に狭くなり、ストレスを溜め込んでうつ病になることもあります。友人と会う機会も減るので、認知症の症状も現れることもあります。末期症状になると、骨の変形も進行していて、見た目の変化が大きくなる時期です。膝の変形に誰が見ても気が付きます。

段階的に変化で症状が異なる変形性膝関節痛は、その痛みレベルに合った対処法が有効です。こちらのサイトでは、さらに詳しく膝の痛みが解説されているので参考にしてみてください。

変形性膝関節症になりやすい人の特徴とは?

高齢者
変形性膝関節症のリスクは、高齢になると高まっていきます。一般の人を対象にした膝関節症の疫学調査では、60歳以上の女性は40%以上、男性は20%が変形性膝関節症と診断されています。しかし、これが80歳以上になると、男女とも倍以上の患者数になります。自分では自覚してない方も、レントゲンによって変形が見つかることもあります。高齢になると、さらに症状が進行して、炎症や膝の痛みが起こるでしょう。そして、変形性膝関節症は、高齢者ならどの年代でも、女性の方が男性よりも約1.5倍多いことが特徴です。
O脚かつ肥満体型の人
変形性膝関節症の研究は、現在も進んでおり、「女性」、「O脚」、「肥満体型」の3つの要素が関係していることがわかっています。日本人はO脚が多いために、足の内側に負担をかけるような立ち方や歩き方をしてしまいます。そのため、日本人の変形性膝関節症では、内側に変形している患者が沢山います。また、高齢になると、基礎代謝が低下しますし、運動もしなくなりますので、肥満体型になる方もいます。肥満になると、膝にかかる体重も大きくなるので、より変形しやすいといえます。

実際に変形性膝関節症を患った人の声

スポーツができるまでに回復しました(50代/男性)

私の趣味はボーリングで、仲間と一緒に毎週のようにボーリングを楽しんでいました。しかし、1年前から膝の関節に痛みを感じていて、次第に悪化していたので、このままではボーリングも歩くこともできなくなるかもしれないと思い、変形性膝関節症の手術を受けました。専門医を探して、膝の関節の内部に人工関節を入れました。最初はリハビリも辛かったのですが、丁寧にサポートしてくれたので、よくなっていることを自覚できるまでに回復しました。趣味のボーリングは続けていますし、ガーデニングや庭の手入れも普段どおりに行なうことができるようになり、毎日楽しんで過ごしていますよ。

一時は自足歩行ができなくなりました(40代/女性)

年末になると膝の痛みが悪化して、自分で歩くことができなくなりましたので、夫に病院まで付き添ってもらいました。先生に膝の状態を診てもらうと、手術をすることで改善できることを知りました。大怪我や病気もしたことなかったので、出産のときくらいしか入院したことはありませんでしたが、先生や看護師のおかげで手術も成功して、リハビリも乗り切り、無事に退院できました。現在は手術してから約1年経過していますが、膝の痛みはありません。自分の足で買い物や散歩に行くこともできますから、日常生活で困ることはありません。自分の膝に人工膝関節が入っていることを忘れる程回復しています。

予防法に関するQ&A

いつまでも健康でいるために、変形性膝関節症を予防することが大事です。予防に関してよくある質問を専門家に聞いてみましょう。

気軽にできる予防法はありますか?
膝を動かさないと変形性膝関節症の進行は早くなりますので、動かすようにしましょう。歩くことで痛みを和らげて、筋力の低下を防ぐことができます。関節は、動かすことで軟骨に栄養が運ばれて、関節液が染み出してきます。しっかりと栄養を吸収して、滑らかに関節を動かすためには、ウォーキングや水中運動が最適です。
他の予防法はありますか?
膝の負担を軽くすることは、変形性膝関節症の予防になります。体重が増えると、膝の負担が大きくなり、余計に運動しなくなります。そのため、さらに体重が増えて、症状が悪化する方が多くいます。ですから、体重を減らすことは有効な予防法です。野菜中心の食生活にシフトして、甘いものを控えるように心がけてください。
TOPボタン